石垣島のことなら石垣島海辺COM石垣島の観光・ホテル・グルメ・土産・遊び情報なら石垣島海辺COM

石垣島まるわかり
5分で分かる石垣島の旅
石垣島モデルコース
ディープな八重山遊び
石垣島情報
石垣島の見どころ
石垣島の宿泊
石垣島の遊び
石垣島グルメ
石垣島お土産
八重山離島情報
竹富島
西表島
小浜島
黒島
波照間島
鳩間島
新城島
与那国島
 川平焼 凛火 シーサー作り
TOP 石垣島お土産 手作り工芸体験 川平焼 凛火 シーサー作り
石垣島のおすすめリゾートホテル 軽井沢倶楽部ホテル石垣島
情報提供
軽井沢倶楽部ホテル石垣島
「おもてなしの心」を一人ひとりのお客様にお伝えする事で、他では味わうことの出来ない軽井沢倶楽部ならではの「心のくつろぎとやすらぎ」をご提供して参ります。
軽井沢倶楽部ホテル石垣島をチェック
沖縄県で見られるシーサーは、伝説の獣の像で、その起源は、スフィンクスや中国の石獅、日本本土の狛犬などと同じく古代オリエントと言われています。建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除け、幸運招きなどの意味を持っています。名前は「獅子(しし)」を沖縄方言で発音したもので、八重山ではシーシーともいう場合もあります。今回シーサー作りを体験した川平焼 凛火は、石垣島の吉原地区の高台にあり、眼下には国立公園の川平湾が一望でき、裏手は、沖縄最高峰の於茂登山塊が連なる大自然の中、絶好の環境の中にある工房です。代表の渡邊さんは沖縄本島の焼き物の本場、読谷で3年半修行を積み、沖縄の代表的な焼き物である壺屋焼の技法を学び、2004年この地に凛火をオープンさせました。土は鉄分を多く含む石垣島のものを3種類混ぜ、それと壺屋の伝統技法とオリジナルがマッチし、作品には独特の雰囲気があります。シーサーの手作り体験は、まず自分が作りたい作品を、立体シーサー、壁掛けシーサー、香炉・灰皿シーサーから選びます。それぞれ土台となる体の部分が用意され、そこに各パーツを自分好みのものや、プロの作品を真似て作り、接着剤にあたる粘土(ドベ)で付けていきます。模様や線などは、竹くしを使い粘土に刻んでいきます。スタッフが付いて丁寧にアドバイスをくれるので、初心者や子供でも安心して楽しむことができます。通常1時間〜2時間で出来上がり。後は季節によりますが2週間ほど乾燥させ、1240度の窯で14時間焼いて完成です。3種類の粘土配合の割合と焼く温度によって、出来上がりのシーサーが赤いものと黒いものに分かれるそうです。季節によってどちらか選べる場合とそうでない場合があります。自分で作ってから約1ヶ月後、郵パックで手元に届きます。
Date & Map
住所:
石垣市川平1216-60
電話番号:
0980-88-2117
営業時間:
9:00〜19:00
定休日:
不定休
ホームページ:

大きな地図で見る
▲このページのTOPに戻る
スポンサーリンク
石垣島お土産
手作り工芸体験
みんさー工芸館 織り体験
5つと4つの絣模様を自分の手で
川平焼 凛火 シーサー作り
自分だけのオリジナルシーサー
石垣焼窯元 陶芸体験
美しい青の美が特徴的な石垣焼
スポンサーリンク
  問い合わせ  サイトの概要  免責事項  リンクについて  広告募集  管理人用 Copyright (C) 2002 Ishigakijimaumibecom All rights reserved